2018年8月9日木曜日

2018年8月1日水曜日

猛暑の時は川に潜る(GoPro動画)

ここの所、毎日暑いですよね~。(^-^;)
そんな時はいつも、水中メガネを持って家の前にある渓流で潜って遊んでいます。

仕事中でも猛暑の時は入ったりしますが、
15分ぐらい入るとその後数時間は涼しいので、かな~り元気になります。(笑)

GoPro動画はこちら

このあたりは観光地なので泳いでいる人も少なくないのですが、
水中メガネを使っている人は見たこと無い。

この景色を見ないなんて凄くもったいないです!
次回からは、是非水中メガネを持って遊びに来ることをおすすめします。(゜▽゜)

2018年7月28日土曜日

鈴鹿8耐予選の動画

鈴鹿サーキット公式You Tubeチャンネルに予選の動画がアップされましたので、
明日の決勝前に見ておくことをおすすめします。
決勝も台風の影響は大丈夫そうですね。(^ω^)


2018年7月23日月曜日

今度の日曜日は鈴鹿8耐ですね!

8耐ウイークが始まりましたね。(^ω^)
今年もBS12で生放送してくれるので、テレビで観戦しようと思います。
https://www.twellv.co.jp/event/8tai/



いつも8耐前は本業が忙しくなるんだけど、今年はいつにも増して厳しかった。
でもなんとかレースに間に合って良かったです。(^-^;)

2018年7月20日金曜日

オフロードブーツを買った。(^ω^)

ほとんど毎週河原のモトクロスコースを走っているので、6年前に買ったブーツがボロボロです。
と言うか、コース走ってると半年ぐらいであっという間にボロボロになるんだけど、
機能的には問題無いからそのまま使用していた・・・。(^-^;)



ところが最近つま先のプロテクターが割れてきたので、しょうが無いから買い換えることにしました。



買ったのはイタリアのガエルネ SG10です。色々吟味したけど、結局前と同じ銘柄になりました。(^ω^)
気に入った色が無かったので、長年使っても飽きが来ないであろうブラックを選んでみました。

この上に最上級のSG12って言うモトクロスブーツがあるけど、
プロテクションが上がれば上がるほど重量が増えるし動きが硬くなるので、
自分にはSG10ぐらいがちょうど良いみたい。
これより下位クラスになると、プロテクションがちょっと心もとないので怪我が心配になる。



経験上、バックルはガエルネ方式の穴に通すタイプが一番良いと思う。
ピンに引っ掛けるタイプだと、位置決めがシビアでピンの正確な位置に引っ掛けるのがめんどうになる。
あと、ピンだとブーツがヌタヌタの泥だらけになった時なんかも装着しにくいんじゃないかな?
ガエルネのバックルはとても使いやすく、目をつぶっても簡単に装着できます。

日本人専用の木型を使って作っているらしいし、
なんだかんだ言ってもやっぱりブーツはガエルネが好きです。(^ω^)

2018年7月19日木曜日

Goodwood Festivalタイムアタック動画

タイムアタックの部分だけ編集した動画です。
古今東西、色々な車の全力疾走を見るのは楽しいです。(^ω^)
それにしても、最近のEV車のスピードは凄いですね。



2018年6月30日土曜日

ポルシェ919がニュルのコースレコードを一気に50秒以上も縮める!

とてつもなく速いです。F1を超える史上最速のレースカー。(^ω^)

強力なダウンフォースによるコーナーリングは、
まるで地面に磁石でくっついているようですね!(゜▽゜)



2018年6月23日土曜日

2019 tm250ENをとりあえずキープ

いつもお世話になっているオフロードショップ・フレアラインさんに、
もうすぐ発表になると思われる来年度版のtm250ENの予約をお願いしてきました。(^ω^)


写真はイメージです。2019モデルはまだ発表されていません。

納車はおそらく年末ぐらいじゃないかという話でした。
ワクワクです。そんなに待ちきれません・・・。(笑)

2018年6月14日木曜日

2018 ル・マン24時間レース ライブ配信リンク集

トヨタ悲願の優勝、おめでとうございます!


スケジュール(現地および日本時間)
https://f1-gate.com/lemans/tv_43064.html
ル・マン スポッターガイド (イラスト付きエントリー車両一覧)
http://www.spotterguides.com/portfolio/18_lm/
ライブタイミング(現在の順位表) 
http://www.lemans.org/fr/24-heures-du-mans
-------------------------------------------------
<有料で見る>
J SPORTS オンデマンド (ネット配信)
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/
J SPORTS スカパー  (テレビ放送)
https://sports.skyperfectv.co.jp/motor/wec/
-------------------------------------------------
<無料で見る>
以下のネット配信のリンクはレース中に頻繁に書き換えます。
当日、回線状態の良いリンクには「オススメ」が付きます。

https://www.youtube.com/watch?v=Z-s5jOb78aI  <<オススメ

https://www.youtube.com/results?sp=EgJAAUIECAESAA%253D%253D&search_query=Le+Mans+-game  <<オススメ

トヨタ ライブ配信
https://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2018-2019/lemans-onboard-live.html <<オススメ
https://www.youtube.com/channel/UCCtALHup92q5xIFb7n9UXVg
You Tubeル・マン ライブ配信検索
https://www.youtube.com/results?sp=EgJAAQ%253D%253D&q=le+mans
Ford GT ライブ配信
https://www.youtube.com/channel/UC87j_-SIjbzUqlY8tuKlZyQ
-------------------------------------------------
YouTube ル・マン24時間耐久レース公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/acolemans/videos
YouTubeでル・マン最新検索結果
https://www.youtube.com/results?search_query=2017+le+mans+24
-------------------------------------------------
Le Mansツイッター
https://twitter.com/24hoursoflemans
FIA WECツイッター
https://twitter.com/fiawec
ル・マン 現地の雨雲レーダー
http://www.meteox.com/meteox-maps.aspx?a=1&z=7&lat=48.005&lon=0.1978
-------------------------------------------------
<その他>
パブリックビューイング in MEGA WEB
http://www.megaweb.gr.jp/article/lemans/
ラジオルマン
http://radiolemans.com/

2018年6月12日火曜日

ベンツCクラスのスマホ車載ホルダーを自作

みんカラの整備手帳に、スマホ車載ホルダーを自作した記事を載せました。(^ω^)
https://minkara.carview.co.jp/userid/687338/car/2170820/4830993/note.aspx

メルセデス・ベンツ W205 S205 C205 A205

2018年6月11日月曜日

2018年6月8日金曜日

エンデューロレーサー tm250ENとBeta RR2T250の比較

Betaはわりとインプレ記事があるのですが、TMのバイクについては
ネットでもほとんど情報が無いので調べるのに苦労しますね。(^-^;)

海外のオフロード系の掲示板などをグーグルで訳して読んでみると、
どうやらTMとBetaは対局のキャラクターを持つバイクのようです。

---- 以下は、tm250ENとBeta RR2T250の比較まとめです ----

Beta RR2T250(300)  推定48馬力ぐらい 乾燥重量 104kg  シート高 930mm
----------------------------------
スムーズで誰にでも乗りやすい
疲れにくい
トライアル車のように極低速でエンストしない
シートが低めで足付き良好
ステップが後ろぎみで登りに有利
難所に強い 
柔らかめのサス
スリムでハンドル幅も狭め
分離給油なのでスタンドで普通に給油OK
始動はセルのみ
----------------------------------


TM250(300)EN  推定50馬力以上 乾燥重量101.6kg   シート高 953mm   
----------------------------------
上級者向けで乗るのがやや難しい
Betaより疲れる 
同クラスで一番パワーがある
アルミフレームで剛性が高い 
腰のあるサスペンション 
中速域の厚いトルク
直進性良好 
ハイスピードに強い
シートが硬い
高い耐久性を持つエンジン
混合仕様のみ
始動はキックのみ(2019モデルはセル付きでインジェクション)
----------------------------------
ちなみに、TMは排気バルブのワイヤーを適切にメンテナンスしないと
サーボモーターが破損するらしいので注意が必要みたい。
http://www.tmracing-usa.com/?page_id=105


総括すると、Betaは乗りやすさを武器にするユーザーフレンドリーなバイクで、
TMは競技で戦う選手向けに作られるタイム重視のバイクのようです。(^ω^)
Betaはトライアル車的なエンデューロバイクで、
TMはモトクロッサー的なエンデューロバイクとも言えるかもしれません。

あ、けしてBetaが遅いわけでは無いですよ~。(^-^;)
https://youtu.be/Uql9oZCRiqU?t=31

速く走りたいなら、よりパワーがあって軽量なTMを選べば良いような気もしますが、
オフ車の場合は自分に合うかが最も重要で、非力でも乗りやすい方が速い場合もあります。
ちなみに、私の場合はKTM 350 EXC-Fよりも、
パワーで劣るKTM 200 EXCの方が一周1分のコースで1秒速く走れます。

Beta RR2T250にはRacingと言う特別なモデルがありますが、
レース用にサスがややハードでオイルは混合仕様になるらしいです。
(分離給油キットはある)
混合仕様のバイクは今までと同じなのでかまわないのですが、
玉砂利がとても多いコースをいつも走っているので、サスが硬いのは困ります。
話を聞くと、構造自体が違うので調整でどうにかなるということではないらしい。

ですから、Betaを買う場合はRacingじゃなくて普通のモデルになりそうです。
もうすぐ2019年モデルが入って来るらしいので、どうせなら新しいのがいいね。
山に入って獣道のような所を走るなら、Betaが圧倒的にいいんじゃないかと思います。
ただ自分の場合、河原のモトクロスコースしか走らないんです。
山に行く時はGASGASのトライアル車で行きますからね。

TMも凄く魅力的に見えます。
TM Racing社はレーシングコンストラクターで従業員はわずか40人。
カートエンジンが速くて有名らしいですが、エンジンを含む殆どの部品が自社生産され
削り出しのパーツなどを多数使い、熟練した職人による手作業で組み立てられます。
どうやら、ワークスレベルのバイクをそのまま市販しているらしい。
https://youtu.be/ru4Lv-EerXw?t=241

オフロードバイクのフェラーリとも言われていますので、
一度所有してみたいという気持ちもあります。
こちらに詳しい記事がありました。
https://offgames.net/report/detail/1

今回はちょっとTMに傾いてきました。(笑)
もうちょっと、じっくり研究してみましょう。(^ω^)

おまけ
2015~2016エンデューロ世界選手権チャンピオンEero Remes (TM Racing)の走り
https://youtu.be/rcNryJAlsy4?t=15

2018年6月2日土曜日

次期戦闘機(エンデューロレーサー)の購入計画

KTM 200 EXCは手頃なサイズで速いし気に入っているんですが、
色々なバイクに乗ってみたいので買い替えを考えています。(^ω^)

今の所、候補は2つ。
いずれもナンバー付きの2スト250ccエンデューロレーサー。


beta RR 2T250 Racing
http://betamotor.jp/wp/category/enduro/rr2tracing/



tm RACING tm250EN
https://www.tmracingjapan.co.jp/2017/09/29/2018%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/

どちらもイタリア製の2ストのレース専用車なので、間違いなく超~速いと思われます。(^-^;)
かなり思い切った買い物になるでしょうが、あと数年で還暦ですし
あまり過激な乗り物には乗れなくなることが予想されるので、
今のうちに乗っておこうという考えです。

2018年5月26日土曜日

2018年5月19日土曜日

トヨタ2000GTに乗せていただきました~!(^ω^)

今週末は、横浜赤レンガ倉庫でル・ボラン カーズ・ミート2018が行われています。

その中で、貴重なトヨタ・2000GTの助手席に乗れるイベントが行われていました。
しかし乗れる人数は非常に少なく、1回につきたった4名だけです。

こんな機会はもう一生無いと思うので、
受付が始まる前に待っていて速攻で申し込みました!(゜▽゜)

動画はこちら。2000GTオーナーズクラブの方々に感謝!

トヨタ・2000GTは、想像を遥かに超えた本当に素晴らしい車でした。
こんな上質感を持つ乗り心地の車は、当時の国産車には無かったのではないでしょうか?
50年前、当時の技術者の方々が並々ならぬ情熱で作り上げた車であることが、
実際に乗ってみてもヒシヒシと伝わってきますね。(^ω^)

私が試乗した色々な車の中で比較すると、
2000GTの乗り味はジャガーXJSにどことなく似ているような気がします。
しっかりしたスポーツカーのシャシーを作った上で、極上の上質感を与えた感じです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/687338/blog/40104338/

また、乗ったことは無いですが
ジャガー Eタイプの乗り味は2000GTと似ているのかもしれませんね。
https://ja.wikipedia.org/?curid=1078802

2018年5月14日月曜日

スーパーカーチャリティフェスティバルの動画

家から10分以内の近所なんですが、初めて自分の車で参加しました。
色々なスーパーカーを見ることが出来ますし、
お客さんを助手席に乗せてドライブしたり楽しかったです。(^ω^)

動画はこちら

2018年5月8日火曜日

スーパーカーチャリティーフェスティバルin宮ヶ瀬に参加します

今週末の日曜日に、神奈川県の宮ヶ瀬湖でスーパーカーチャリティーフェスティバルが行われます。
興味がある方はドライブがてら見に来てくださいね。入場無料(駐車料金のみ)です。(^ω^)



いつもは私も見る側でしたが、今回は初めて参加となります。
C7 Corvetteはあと1年で手放す予定なので、最初で最後かも・・・?(^-^;)



「第9回スーパーカーチャリティーフェスティバルin宮ヶ瀬」

主催者 土曜日走りましょう会・宮ヶ瀬水ノ郷観光協同組合
目的 孤児院を支援する「青空基金」に寄付を致します。
日時 2018年5月13日(日)9時30分~15時00分
場所 神奈川県愛甲郡清川村 宮ヶ瀬湖畔園地 小中沢C駐車場

<スケジュール >   
9:30 開会式、車両展示
10:00~ スーパーカー助手席同乗走行会 (見学者を助手席に乗せて公道を走ります)
14:30 閉会式

2018年4月28日土曜日

リジットアクスルにキャンバーを付ける方法

これなら、リジットのセブンもキャンバーを付けられるね。(゜▽゜)
工賃4万円らしいよ。昔のレースなら当たり前だったらしい・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=etn-q5qV4RE

2018年4月16日月曜日

2018年4月15日日曜日

IMSAスポーツカー選手権ロングビーチ開催中

アメリカで、2018 BUBBA burger Sports Car Grand Prix at Long Beachが始まりましたね。(^ω^)
スリル満点、まるで金網デスマッチです。(゜▽゜)

予選の動画


2018年4月7日土曜日

久しぶりにセブンを磨いた



一年にいっぺんぐらいしか磨かないけど、セブンがキレイになるとやっぱり嬉しいね。(^ω^)



磨きマニアの方々の仕上がりには遠く及びませんけど・・・。(笑)



日曜日に少し遠くまで行ってみることにする。(゜▽゜)

2018年4月6日金曜日

Jeepレネゲードに試乗してみた [GoPro動画]

らみいさんが雪道も走れる普段使いの車として
Jeepレネゲードを購入したようなので、試乗をお願いしてみました。

2400cc+9速ATの四駆モデルです。
ちなみに、フィアットとジープで共同開発されたイタリア製のSUVです。
いい車だと思います。(^ω^)


クルマでいこう! テレビ神奈川[公式動画] レネゲード


2018年4月2日月曜日

2018年3月20日火曜日

スーパーカー ミーティングの動画

富士スピードウェイで行われたALL Japan Supercar Meetingの動画です。(^ω^)

東名高速道路でスーパーカーたちとランデブー走行編

ミーティングの動画

ミーティングは大変豪華で楽しかったです。(^ω^)
全部の車両価格を合わせると、総額は何十億円になるんでしょうか。(笑)

ただ、道路ではめったに見ることが無いランボルギーニやフェラーリでも、
何十台もあると有り難みがだんだん無くなってきますね。

アヴェンタドールとか沢山ありすぎて、今後は見ても特に感動しなくなってしまうのは
実は大きなデメリットなのかもしれませんね。(^_^;)

2018年3月17日土曜日

Goodwood Members Meetingライブ配信中

Goodwood 76th Members Meetingが始まりましたね。(^ω^)
ただいまライブ配信中で~す。


2018年3月12日月曜日

3/18(日)ALL Japan スーパーカー・ミーティングに参加します


http://www.supercarclub.jp/inf/180318/index.htm

ALL Japan Supercar Meetingが、3/18(日)に富士スピードウェイで行われるらしく、
展示のみなら無料らしいのでコルベットでエントリーすることにしました~。(^ω^)



コルベットで富士スピードウェイを走ってみたいのは やまやまなんですが、
1億円以上の車にぶつけたら人生を棒に振る可能性があるので止めときます。(笑)

2018年2月7日水曜日

大型ロケットFalcon Heavy打ち上げ成功!

先程、電気自動車テスラでおなじみのイーロン・マスク率いるSpaceX社は、
大型ロケットFalcon Heavyのテスト打ち上げに成功しました!(゜▽゜)



火星に向けて打ち上げられたのは、赤いテスラRoadsterです。(笑)
このスポーツカーは、永遠に地球と火星の公転軌道を往復することになります。



動画(最後のブースターの着陸シーンは必見です!)
https://youtu.be/wbSwFU6tY1c?t=1767

現在の様子(Live
https://www.youtube.com/watch?v=aBr2kKAHN6M

2018年2月3日土曜日

服部尚貴選手によるスーパーセブンの動画

Best MOTORing公式チャンネルにアップされた動画です。
スーパーセブンの特徴や楽しさが良く伝わってきますね。(^ω^)
https://youtu.be/kU198tbts_A?t=478

2018年1月31日水曜日

C7コルベットのブレーキが鳴くのでメンテ



C7コルベットですが、止まる寸前に左フロントブレーキから「キー」と音がするのが気になっていました。
強力なブレンボのブレーキなのである程度の鳴きはしょうがないみたいですが、
一応ブレーキパッドを外して鳴き止めのグリースを塗ってみることにしました。



早速ピンを抜いてブレーキパッドを後ろに抜こうとしたんですが、
なぜかガッチリくっついていてまったく抜けません。
ハンマーで叩いてもびくともしない。



しょうがないので、キャリパーごと外して抜くことにします。
点検してみると、なんか両面テープのようなものでパッドがピストンとくっついているらしく、
ドライバーを突っ込んでこじったところ、メリメリっと外れました。



パッドは面出しして角を削って面取りし、ニチモリ ブレーキグリースを塗って組み付けました。



ブレーキの鳴きはかなり改善され、ほとんど気にならなくなりました。(^ω^)
ただ、まだ少し鳴く時があるのでリアブレーキも鳴いているのかも?
気が向いたら整備しようと思います。

2018年1月29日月曜日

2018年1月28日日曜日

デイトナ24時間レース ライブ配信中です

デイトナ24時間レースが始まりましたね。(^ω^)

ライブ映像はこちらで見ることが出来ます。
(下にあるアイコンでいくつかのカメラを切り替えることが出来ます)
https://imsatv.imsa.com/

現在の順位
http://www.racexpress.nl/index.php/gallery/gallery/print.php?nav=Artikel&nid=87102


2018年1月26日金曜日

「雪に挑む」日映科学映画製作所1961年製作

関東でも雪が降って大混乱になりましたが、豪雪地帯は桁違いです。
それにしても、ラッセル車が爆走してる姿ってカッコいいですね!(゜▽゜)


2018年1月19日金曜日

トライアル車のブレーキをオーバーホール



GASGAS TXT PRO 250ですが、フロントブレーキに引きずりが発生しはじめたので、
オーバーホールすることにしました。(^ω^)



AJP製の4ポッドキャリパーが付いています。分解は難しくありません。



エアーガンでピストンを抜いて点検してみると、オイルシールの溝に
結晶みたいな物が沢山こびりついていて、これが悪さをしていたようです。



爪楊枝で掃除してみたんですが、謎の結晶はかなり固く歯が立ちません。
円盤状のスコッチブライトをリューターに付けて溝をキレイに磨きました。



オイルシールとピストンは新品に交換。



エア抜きしますが、ここで問題発生。(^_^;)
5回ぐらいやってもエアが抜けず、レバーはスカスカのままです。
途方に暮れました・・・。

キャリパーの内部構造をよく見ると、おかしな設計になっていることが分かります。
この構造では普通にエア抜きしても、上に溜まった空気は永遠に抜くことが出来ません。
自分なら絶対こんな設計はしないですよ・・・。(笑)


そこで片方を下にしてピストンを押し込み、空気を上のピストンに移動させ、
そのまま上下をひっくり返してもう一方のピストンも押し込んで空気を中央部に集めてから、
通常のエア抜きをする作業を3回繰り返したところ、今度はちゃんと手応えが戻りました。
やっとエア抜き出来たようです。(^ω^)

これ絶対、エアが抜けなくて困ってる人が世界中に沢山いると思うよ・・・。(^_^;)